2009年米国保険会社におけるコンプライアンスの実状調査:少ないリソースでの格闘

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/11/05
マイク・フィッツジェラルド

Abstract


この数ヵ月間というもの、規制の遵守が以前にも増して厳しく要求されるようになってきました。今後数ヵ月から数年にかけてさらなる精査が行われる見通しです。実行すべきことは増えたのに予算は縮小し、現行の自動化レベルでは対応が困難になることが予想されます。

セレントの最新レポート「2009年米国保険会社におけるコンプライアンスの実状調査:少ないリソースでの格闘」では、200社を超える生命保険会社、年金保険会社、損害保険会社のコンプライアンス担当者を対象に行ったオンラインアンケートの回答を詳しく分析しています。分析の結果、保険会社のコンプライアンス部門はきわめて厳しい環境に置かれていることが判明しました。

出典:セレント

「調査により、現行のツールはニーズを「大体」ないし「どうにか」満たす程度でしかないことがわかりました。今日利用されているコンプライアンス・ソリューションは、一貫性やまとまりに欠け、その結果、コストはかさむのに、サービスの質は低くなるという状況になっています」とセレント保険グループのシニアアナリストで、本レポートの執筆者である,マイク・フィッツジェラルドは述べています。

このレポートでは、保険会社とベンダーの両方に向けて、既定の予算やリソースの範囲内で実行可能な具体的措置を提案しています。

本レポートは4図およ17表を含む28ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米