保険とマイクロサービス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/12/15
クレイグ・ビーティ

開発者の間ではこれまでもマイクロサービスについて活発な議論が行われてきましたが、この流れが保険業界にも波及してきました。

Key research questions

  • マイクロサービスとは?
  • マイクロサービス・アーキテクチャの採用が適切なのはどういった場合か?
  • マイクロサービスが、保険会社やテクノロジーベンダー、基幹系システムに与える影響とは?

Abstract

マイクロサービス・アーキテクチャの進歩は、保険ソフトウェアを永遠に変えてしまうのでしょうか?

アプリケーション構築手法のトレンドは、急速にマイクロサービスへと移りつつあります。マイクロサービスは、その名のとおりSOAの一種ですが、今日のクラウドやAPI、自動化の流れに影響を受けたものです。本レポートでは、マイクロサービス・アーキテクチャの性質を取り上げ、なぜ今マイクロサービスなのか、そして保険会社とベンダーにおけるマイクロサービスの意味合いとは、といった点を掘り下げます。

ソフトウェア開発のスタイルには様々なものがありますが、中でも最近注目を集めているのがマイクロサービス・アーキテクチャです。マイクロサービス・アーキテクチャは、それぞれが個別に独立して展開可能な、小規模なサービスをデリバリーすることにフォーカスしたスタイルです。場合によっては、それぞれのサービス自体が、独立したマイクロアプリケーションとなることもあります。マイクロサービスという名称は、こうした小規模なサービスの集合体というアーキテクチャに由来するものです。

本レポートでは、マイクロサービスとマイクロサービス・アーキテクチャの定義を提唱し、既存のアーキテクチャスタイルとの相違点を分析します。そして、この過程を通じて、なぜ今マイクロサービスなのか、どういった場合にマイクロサービスを導入するのが望ましいのか、そしてマイクロサービスの限界を明らかにします。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米