2016年 北米損害保険会社のCIO調査:プレッシャーとプラクティス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/01/22
ドナルド・ライト

Abstract

セレントは毎年年末に、保険会社のCIOを対象に今後1年間にどのようなプレッシャーに直面するとみられるか、ま たどのような優先課題を掲げているか調査していますが、本レポートではIT予算、プロジェクトの計画、個別のアプリケーション、デジタルなど8つのテーマ について調査結果をまとめています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 CIOによる2016年の計画策定に影響を及ぼすビジネス上の目標とは?

2

CIOは2016に主にどのようなプロジェクトを計画しているか?
3

2016年は保険会社のIT予算にどのような変化があるか?

今回のレポートではCIO調査の結果と共に、以下の観点から考察しています。

  • ビジネス目標がIT計画に及ぼす影響
  • 主なITイニシアチブの進捗状況
  • アプリケーションのリプレース/メンテナンス計画
  • 計上元受保険料(DPW)に占めるIT予算の割合
  • IT予算の前年比増減率
  • 全IT予算に占める研究開発費(R&D))の割合
  • デジタル化計画
  • インクリメンタル(漸進的) vs. ディスラプティブ(破壊的)イノベーション


「CIOが2016年に向けて明るい見通しを示すなか、業務部門の幹部はITの優先課題として業務プロセスの最適化、業務拡大、保守管理を挙げています。最優先のITプロジェクトには、コアシステムの近代化が挙げられています。また、資金源については『十分なレベル』とする回答が多数を占めています。ただ、確保できる資金が横ばい、または減少するとの見通しを示すCIOもありました」とセレント北米損害保険プラクティスのディレクターでレポートを共同執筆したドナルド・ライトは述べています。



Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米