ベンダー
English

2016年 損害保険金請求システムの導入動向と今後の展望:中南米編

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2016/05/31

Abstract


セレントは2016年初め、損害保険分野の保険契約管理システム(PAS)を手掛けるベンダーの最新動向を調査しました。本レポートは、中南米の損害保険市場における保険契約管理システムの導入動向を明らかにしています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 中南米における損害保険契約管理システムの新規販売件数は?

2

この2年間に販売実績を伸ばしたベンダーは何社あるか?
3

中南米の損害保険契約管理システムの市場規模は今後どうなるか?


保険会社がビジネス上の意思決定を下す際には、様々な圧力がかかります。特に投資を行うにあたっては経済成長率、インフレ率、世界経済の見通し、国内の政情安定などを考慮する必要があります。

「中南米の国々ではインフレ率は概ね4%を超える見通しであるのに対し、経済規模の大きな国を中心にGDP成長率はほぼ横ばいで推移しています。明るい材 料としては、経済が混乱している局面でも、保険会社が常にコアシステムへの投資およびその近代化に積極的な姿勢を見せていることです」とセレント保険プラ クティスのアナリストでレポートを執筆したルイス・チパナは述べています。

レポートには10図が掲載されています。