保険会社によるロケーション・インテリジェンス・ソリューションの導入メリット

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/10/03
キャサリン・スタッグ・マーシー

Making the Business Case for the Insurance Sector

Abstract


ハリケーン、暴動、洪水などが発生するたび、保険会社は国内の特定地域における補償負担額を把握する必要性を再認識します。ロケーション・インテリジェンス・ソリューションはこうしたニーズに応えるものですが、その導入メリットは単なる報告機能にとどまらず、引受け、マーケティング、規制対応、保険金請求などの業務サポートにも広がっています。

セレントの最新レポート「保険会社によるロケーション・インテリジェンス・ソリューションの導入メリット」は、ロケーション・インテリジェンスまたはGISソリューションの導入によってどの分野にメリットが期待できるかを解説しています。英国では、保険会社がロケーション・インテリジェンス・ソリューションを使って大規模災害の発生後24時間以内に当該地域の補償負担額を算定した実例があり、同ソリューションのメリットが実証されています。その透明性は株主に安心感を与え、現場での適材配置を可能にし、責任準備金の適切な分配も実現します。

GISソリューションの導入メリットとして、コスト削減と収益拡大が挙げられますが、保険会社はこうしたソリューションの能力を最大限活用しているようには見えません。「オフライン報告のためにGISソリューションが導入された事例や、ビジネスの機能のひとつのサポートに採用されている、といった事例が散見されるにすぎません。これでは、せっかくの高額なリソースも宝の持ち腐れと言わざるをえません」と、セレント保険グループのシニアバイスプレジデントでレポート執筆者のキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

レポートでは引受け、保険金請求、マーケティングといった業務におけるGISソリューションの導入メリットに焦点を当て、実際に活用している保険会社の例を2つ紹介しています。こうした機能は、テクノロジーの有効活用を可能にする業務改善を行う上で新たな選択肢になると考えられます。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米