2017年 生保電子署名システムベンダー:STPを確実に

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/04/27
コリーン・リスクカレン・モンクス

Abstract


ペーパーレス化に伴い電子署名が普及しつつあります。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 電子署名テクノロジーはどのようにカスタマーエクスペリエンス向上に役立つか?

2

電子署名テクノロジーに共通する要素は?
3

電子署名テクノロジーの主要ベンダーは?


モバイルテクノロジーの導入が変化を促し、ビジネスのデジタル化と変革の動きは勢いを増しています。保険業界でも、日常業務のペーパーレス化を進める時期に来ているとの見方で一致しています。ペーパーレス化に伴い電子署名の導入が求められています。

保険会社が電子署名のベンダーを選定する際には、以下のコンポーネントがシステムに含まれていることを確認すべきでしょう。

  • 送り手と受け手が、異なるデバイス/オペレーションシステム上でも署名できる。
  • ソリューションのユーザー間でコミュニケーションの内容と共有文書を暗号化し、保護できる。
  • 文書の処理状況を追跡し、アクションが必要な時はユーザーに通知する(署名、承認など)


本レポートで紹介したベンダーはAdobe、AlphaTrust、SignNow by Barracuda、DocuSign、eOriginal、eSignLive by Vasco (旧Silanis)、Euronovate、InsureSign、Kofax by Lexmark、NamirialGmbh (XYZMoを買収)、SIGNiXなどです。

「生命保険会社では、電子署名の採用が急速に広がっています。その最大の理由は、サイクルタイムの短縮とコストの削減です」とシニア・アナリストのコリーン・リスクは述べています。

「レポートで取り上げた電子署名ベンダーは、電子証明を導入した生保会社に大きなシェアを有し、生命保険会社のニーズを理解しています。これらは保険会社のベンダー選定において、安心できる選択肢となりうるでしょう」とアナリストのカレン・モンクスは述べています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米