ベンダー
English

保険商品管理の新しいツール:分析主導型商品管理のための4つのヒント

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/10/22
カーリン・カーナハン

プロダクトマネージャーの職務は変わりつつある。データは重要な差別化要因となり得るが、それは保険会社がデータをうまく利用できる場合のみである。

Key research questions

  • 保険会社の商品の変化とは?そのプロダクトマネージャーへの影響とは?
  • 現在のプロダクトマネージャーの分析方法は?彼らがやりたいと思っていることは?
  • 今後、商品管理は何を目指し、プロダクトマネージャーはどのようなツールを必要とするか?

Abstract

新規顧客獲得の競争が益々激化する中で、保険会社は商品による新しい差別化の方法を探し続けている。保険会社は常に画期的な商品を開発し、それらをタイムリーに市場に出し、リスクを管理する必要があった。それらは市場シェアを拡大し、収益性を維持するための重要な要素である。

しかし、新しい商品の開発は差別化の一部でしかない。商品のISO規格改訂への準拠は進行中の問題である。なぜならISOからは毎日改訂が発表されるからだ。レートやルールの修正を効率化するツールはあるが、プロダクトマネージャーの仕事の大半は、提案された変更が市場においてどのように影響するか確認することである。レート変更による影響の大きさは?発表された新しいレートに比べた偏差は?レート変更の競争/市場への影響は? 特定の商品のレートを基準に従って評価する方法は?最も利益の高い商品はベストレートであるか?

本レポートでは、これらの質問をじっくり考える際に、保険会社が抱えるいくつかの課題を検討し、それらの課題に対処するために保険会社が利用するツールや方法について考察している。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
北米