ベンダー
English

FXの高頻度取引(HFT)における選択肢:インフラ、ハードウェア、ソフトウェア

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/10/12
スリークリシュナ・サンカー

Infrastructure, Hardware, and Software Decisions

Abstract


FX市場では高頻度取引(HFT)が急速に拡大しています。セレントの推計では取引全体の28%がHFTによるものとみられ、ディーラー間取引と対顧客取引がほぼ半数ずつを占めています。銀行以外の取引業者はスポット取引を選ぶ傾向があるため、HFT戦略を採用する市場参加者がさらに増える要因にもなっています。

HFTによるFX取引の売買高はここ数年着実に増えています。これは主にFX取引に使われるシステムの進歩が原因で、システム自体のコストだけでなく、取引コストの削減も可能にしています。セレントの最新レポート「FXの高頻度取引(HFT)における選択肢:インフラ、ハードウェア、ソフトウェア」は、この点について詳しく説明しています。

ここ10年間にFX市場では競争が激化し、緊張感のない独占状態は過去のものとなりました。マルチディーラー型プラットフォームの登場に伴い、銀行やディーラープラットフォームはシステム投資を増やして価格競争力を高めざるを得なくなっています。株式を含むその他の金融商品の利益率が徐々に低下するなか、FX取引は超過リターンを得られるチャンスの大きい資産クラスとして認知されるようになっています。複数のソースが価格を提示するようになったことで、新規参入する業者や個人が増え、イノベーションや競争を促しています。こうした市場拡大の一因として、スポット取引売買高の急増が挙げられます。


出典:セレントによる分析、業界データ

「FX取引の執行戦略は取引を行う場所に応じて修正する必要があるため、ソフトウェアの開発サイクルはニーズによりきめ細かく対応するものでなければなりません。このため、より重要なコンポーネントの開発は社内で行うケースが多くなっています。ベンダーが他社との差別化を図るためには、FX戦略の変化に迅速に対応するサポートを提供し、常に効率化を追求し、継続的にシステムのバージョンアップを行うことが重要になります」と、セレントのインド金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆したスリークリシュナ・サンカー は述べています。

ハードウェアのアップグレードやネットワーク接続性の向上は執行スピードのミリセカンド、ナノセカンド単位での短縮につながりますが、これは主に超高速取引の世界における話です。HFTの初期段階では、注文執行する取引所の非効率性がビジネスチャンスとなります。しかし競争が激化し、取引所の改善が進んでくると状況は変化します。一部の業者がマーケットメーカーとなる一方、その他は戦略の見直しを余儀なくされています。

レポートでは、一定のIT予算の中からハードウェア、ソフトウェア、システム接続、ネットワークにバランス良く投資を振り向けるという複雑な作業にあたって考え得る選択肢を挙げています。企業の規模や財務力に応じてHFTの要件に対応するための実践的な方法を提示しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米