ベンダー
English

ウォッチリスト・スクリーニング・システム:2018年ABCDベンダービュー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/11/28
ニール・カタコフ

セレントのウォッチリスト・スクリーニング・システムのレビューでは、20の最先端ソリューションを取り上げ、ABCDベンダービューを使って評価し、4つのベンダーにXCelent Awardsを授与している。

Key research questions

  • ウォッチリスト・スクリーニング・システムとは?
  • 世界最先端のウォッチリスト・スクリーニング・システムとは?
  • 2018年XCelent Awardsを受賞したウォッチリスト・スクリーニング・システムとは?

Abstract

ウォッチリスト・スクリーニング・システムは、AMLコンプライアンスの最も精査する領域であり、規制当局から課せられる巨額の罰金によって打撃を受けている領域でもある。

金融機関は、AMLコンプライアンス・バリューチェーンの各段階において、顧客や取引先企業をスクリーニングする必要がある。スクリーニングには、本人確認手続き(KYC)、顧客デューデリジェンス(CDD)、および強化デューデリジェンス(EDD)における確認と定期的顧客レビュー、更に電信送金やその他の支払を開始する際の確認も含まれる。ウォッチリスト・スクリーニングはトランザクション・モニタリングの重要な構成要素でもある。

ウォッチリスト・スクリーニング・システムの2018年セレントレビューでは、次の企業を取り上げている。

3i Infotech, Accuity (Firco Continuity/Trust and Firco Compliance Link), ACI Worldwide, Aquilan Technologies, BAE Systems, CGI Group, EastNets, Fair Isaac, FIS, Fiserv, Infrasoft Technologies, Innovative Systems: FinScan, LexisNexis Risk Solutions, NICE Actimize, Oracle, Pelican, SAS Institute, Tata Consultancy Services, およびTemenos。

同様のセレントレポート「マネーロンダリング防止ソリューション:2018年トランザクション・モニタリングABCDベンダービュー」では、AMLトランザクション・モニタリング・ソフトウェアのプロバイダーを評価している。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, コーポレートバンキング, 生命保険, 損害保険, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク, >>Banking Risk
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米