ベンダー
English

欧州のレポ市場:カウンターパーティー・クリアリングと三者間レポ取引の役割

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/04/04
アンシュマン・ジャスワル

Abstract

レポ取引は中央銀行と商業銀行のいずれにとっても、金融システム内の流動性を管理する上で必要不可欠な手段です。欧州ではこの2、3年、数々の資産市場で取引高が減少しているのとは対照的に、レポ市場での取引高が伸びています。

セレントの最新レポート『欧州のレポ市場:カウンターパーティー・クリアリングと三者間レポ取引の役割』では、欧州のレポ市場とその成長について考察しました。欧州レポ市場の最近の進化は金融危機がもたらしたものであったとはいえ、世界の主要レポ市場として、その地位を維持しています。

欧州レポ市場は、金融危機のさなかにも見事な回復力を見せました。2008年12月には4兆6,330億ユーロに落ち込んだ取引高も、2010年6月には6兆9,790億ユーロに到達するまでに立ち直っています。


出典:セレント

「主要な電子取引プラットフォームでの取引高はこの数年、成長を続けています」「EurexのEuro GC Poolingは、タイムリーで革新的な商品として、OTC市場全般における標準となりました」とセレントのシニアアナリストでこのレポートを執筆したアンシュマン・ジャスワルは述べています。

このレポートでは、欧州市場に見られるさまざまなタイプの取引について述べ、レポ市場の効率性や電子取引の水準を、金利スワップや通貨スワップなど、他の商品セグメントと比較しました。さらに、市場における二者間レポ取引と三者間レポ取引の内訳と、使用された担保の地理的構成を示しました。欧州の中央カウンターパーティー・クリアリングと三者間レポについては、それぞれ独立した章を設けて論じています。そして最後に、ICAP、MTS、Eurexといった欧州主要電子取引プラットフォームの流動性水準と主な特徴を考察しました。

このレポートは21図を含む34ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ