ベンダー
English

2010年 リテールバンキングのテクノロジートレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/01/27

Abstract


セレントが実施した銀行業界におけるトレンド調査の結果によると、2010年のテクノロジーの優先課題はリスク管理、コスト削減、チャネル販売の改善の3つになることがわかりました。

2009年の世界金融危機以降、銀行業務はより難しいものとなりました。セレントが昨年2月(日本語版は5月)に発行したレポート「Top Banking Trends for 2009: North America, Europe, and Asia(2009年 北米・欧州・アジアにおける銀行業界の主要トレンド)」では、世界の各市場に共通する最優先課題は「リスク」であるとの見解を示しました。それから1年を経た今年の優先課題は、主にリスク管理、コスト削減、複数チャネルによる販売の改善の3つになるでしょう。各地域のトレンドは、以上の3つのキーワードのうちのいずれかを含んだものになっています。

セレントの最新レポート「2010年 リテールバンキングのテクノロジートレンド」は、世界の銀行、規制当局、ベンダーが今もっとも関心を持っているのは何かを調査しました。

セレントは毎年、世界各地のアナリストを結集し、主要地域(北米、欧州、アジア)の銀行業界における主要トレンドを分析しています。今年のレポートでは、銀行およびベンダー、顧客と非顧客、規制当局および中央銀行に対する調査の結果をまとめ、グローバルな視点での最新動向を分析しました。

「世界には実にさまざまなトレンドが見られます。とはいえ過去1年間に予定されたプロジェクトはすべて、リスク、コスト削減、複数チャネルによる販売の効率化のいずれかを目的とする点で共通しています」とセレント・バンキンググループのシニアアナリストで本レポートの執筆者であるボブ・ミーラは述べています。

レポートではマネーロンダリング防止からトレードファイナンスに至るまでのさまざまなトレンドについて、世界全体と各市場別に分けて検証しました。

このレポートは6図と2表を含む36ページで構成されています。