保険業界におけるイノベーションの動向

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/11/20
キャサリン・スタッグ・マーシーとニコラス・ミシェロッド

Abstract


イノベーションが受け入れられるには十分な信頼を築かねばなりませんが、いったん受け入れられたなら、大きな成果が生まれる可能性があります。

セレントの最新レポート「保険業界におけるイノベーションの動向」では、保険業界におけるテクノロジーの革新的応用例を詳しく分析しました。保険会社はリスク回避志向の体質をもっているようですが、実は予想以上に多くのイノベーションが導入されています。その好例が、テレマティックスを利用した「pay-as-you-drive(走行距離や利用状況などに応じて保険料を支払う)」保険や、英国の保険会社で行われている価格最適化です。このレポートでは、商品やプロセスにイノベーションをもたらす手段として利用されているテクノロジーの例を示しました。

「金融危機が世界的に広がるなかで、イノベーション投資の話をするのは奇妙に思えるかもしれません。しかし、事業目的の達成に革新的テクノロジーを利用することは、きわめて大きな意味があります」とセレントのシニア保険アナリストでこのレポートの共同執筆者であるキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

レポートでは、スマートフォン、デジタルペン、ソーシャルメディアを通じたソーシャルマーケティング、デジタルアシスタントなどに関するアプリケーションを詳細に分析しました。こうした新たなツールは、どのようなビジネスケースにつながるかまだ明らかではありません。また、イノベーションが受け入れられるには信頼性が十分でなければならず、分野によってはより慎重にならざるを得ません。ところが、ソーシャルネットワーキングにおける消費者行動、スマートフォンやそのアプリケーションの普及率といったように、まだ未知の部分が残っています。このレポートで取り上げたこれらの新ツールは、現在のところまだビジネスプロセスにそれほど組み込まれていません。

「今後は、ビジネスプロセスの刷新をリードする企業とそれに追随する企業に分かれると思われます。CEOやCIOはそのどちらでありたいかを明確にすることが必要です。リーダーとなった企業は、イノベーションが広く受け入れられれば、早期投資した分をまかなえるだけの利益が得られるかもしれませんが、うまくいかなかった場合は、乏しい利益とコスト負担に苦しむことになりかねません」とセレントのシニア保険アナリストでこのレポートを共同執筆したニコラス・ミシェロッド は述べています。

このレポートが刺激となって、興味深い新アイデアのヒントになれば幸いです。

本レポートは4図と6表を含む24ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米