従業員給付の掛金請求・回収システム

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/03/08
コリーン・リスク

Abstract


従業員給付においても顧客重視の動きが強まるなか、掛金の請求および回収システムが差別化要因になっています。本レポートでは、複数の保険会社に対応可能な独立型の請求・回収システムを手掛ける7社のベンダーについて取り上げます。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1

保険会社は独立型の請求・回収システムを選ぶべきか?

2

請求・回収システムにはどのような特性が必要か?
3

複数の保険会社に対応可能な独立型の請求・回収システムを手掛けているのはどのベンダーか?


本レポートは、複数の保険会社に対応可能な独立型請求・回収システムを手掛けるベンダー7社について、情報依頼書(RFI)に対する回答と、各社による請求システムに関するデモンストレーションや概要説明に基づき、解説しています。

従業員給付を提供する保険会社は他社と連携して幅広い商品を提供することで、雇用主が複数の保険会社と契約を結ばずに済むようにしたいと考えています。そのため、複数の保険会社を対象とするサポートは重要な要素といえます。

請求・回収システムとは、企業保険および任意従業員給付保険商品の掛金の支払い・回収手続きの準備、配分および管理を行うシステムのことで、エンタープライズデータの保管、保険契約管理、会計、報告書作成などの他のシステムと統合可能な個別のコンポーネントとして機能する必要があります。

「この市場では請求システムの普及が拡大しています。最適な請求・回収システムを導入すれば、顧客経験、エージェントの満足度、保険会社全体のイメージに好影響を及ぼすことができます。掛金の請求・回収方法を複数提供できる保険会社は、透明性が高く使いやすいサービスで、業界をリードする存在となるでしょう」とセレント保険プラクティスのシニア・アナリストでレポートを執筆したコリーン・リスクは述べています。

本レポートは56p、28表と7図で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米