米国のアクティブトレーダー市場:その投資行動、テクノロジーレベル【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/03/13
アシュレイ・ロングボー

Abstract

(英文レポート"Active Traders in the US: Perspectives on Trading, Behavior, and Technology Adoption "の重要部分を抽出し翻訳しました。)

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 アクティブトレーダーとは?

2

アクティブトレーダー市場の主要トレンドは?
3

証券会社はどのように自社を差別化しアクティブトレーダーを確保・維持しようとしているか?


自律型投資家は個人投資家市場を構成するグループの1つで、オンラインで自ら取引を行っています。オンラインの自律型証券市場を構成する投資家の取引行動、人口動態の特性、リスク選好度、テクノロジーの利用レベルなどは、多様で、米国では、アクティブトレーダー(セレントは、少なくとも毎月10件の取引を行う投資家と定義)が自律型個人証券取引市場の重要なセグメントとなっています。一方、自律型投資家市場全体に占めるアクティブトレーダーの割合は小さいものの、オンライン証券にとっては概ね収益性の高い顧客セグメントになっています。

本レポートはアクティブトレーダー市場の概要とその分析結果を明らかにするもので、市場とテクノロジーの主要トレンド、主な市場プレーヤー、同セグメントの今後の見通しなどについて論じています。

米国では大手オンライン証券市場は参入者が多く、非常に競争の激しい分野で、アクティブトレーダー市場も同様です。アクティブトレーダーにとって、取引プラットフォームの選択肢は非常に豊富と言えるでしょう。

「インターネットの普及とテクノロジーの進化を背景に、個人投資家が金融市場に参加し、彼らの知識も向上してきたことを受け、金融機関は手数料を抑制しつつ、より高度な機能を導入・提供するようになっています」とセレントのウェルスマネジメントプラクティスのアナリストでレポートを執筆したアシュレイ・グローバーマンは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米