銀行業務のBPO/ITOプロバイダー:複雑化するサービス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/11/07
スティーヴン・グリーア

Abstract


少し前まで、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)は今よりずっと簡単なものでした。しかし、ここにきて銀行は、幅広い分野をカバーする、パートナー主体のアウトソーシング契約への関心を強めています。これに伴いベンダーの統合が進み、厳選した簡単なプロセスだけではなく、ソフトウェア/プロセスイノベーション/分析ツールを通じた価値重視のイノベーション提供に重きが置かれるようになっています。

最新レポート「銀行業務のBPO/ITOプロバイダー:複雑化するサービス」はアウトソーシング市場の最新動向を明らかにし、取り上げたプロバイダーの能力を詳しく紹介しています。また、金融機関がプロバイダーを選ぶ際に役立つ評価基準を提示しています。

銀行業界が多くの課題に直面していることは、セレントレポートの読者には周知の事実でしょう。金融業界はさらに複雑さを増しており、規制強化の動きは強まるばかりです。コスト問題や顧客中心主義の時代の到来を背景に、銀行はコア・コンピタンスの確立に一層力を注ぐことが求められています。すなわち、金融機関は社内のリソースと非中核業務の見直しを迫られているのです。

「銀行業務の内容は大きく変化しています。商品やサービスは一段と複雑になり、その数も急増しています。銀行のコア・コンピタンスは顧客サービスに大きく関わりますが、それを十分に提供することは難しくなりつつあります。金融機関は顧客のあらゆるニーズに対応したいと考えているものの、第三者の手を借りなければそれも実現しにくくなっています。とりわけ規模が小さく、リソースが不十分な金融機関にとっては難しいのが現状です」とセレント銀行グループのアナリストでレポートを執筆したスティーブン・グリーアは述べています。

レポートでは、BPO契約を検討している銀行向けにBPO/ITOプロバイダーを詳しく紹介しています。また、市場全体の最新トレンド、参入障壁、成長要因を明らかにしています。各プロバイダーの従業員数、取引規模、ビジネスモデルなどをグラフや表を使って比較しています。さらに、セレントの「XCelentアワード」の選定基準であるテクノロジー、機能、顧客基盤、サービスの4項目についても各ベンダーを比較・評価しています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米