ベンダー
English

保険業界のビッグデータ:Amazon、Google、Facebookに学ぶ利用法

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/12/19
クレイグ・ビーティ

Abstract


ビッグデータという言葉が盛んに聞かれるようになりました。1つの社会現象として取り上げられる場合もあれば、最新のコンピューティングで拡大し続けるデータを迅速かつ効率的に分析するための方法、インフラおよびアルゴリズムを合わせた概念として扱われる場合もあります。セレントは、オープンソース・ソリューション「Hadoop」を使って、ビッグデータとは何か、保険業界にとってどのような意味を持つか、保険業界が抱える新旧の課題をいかに解決できるか―について分析しました。

セレントの最新レポート「保険業界のビッグデータ:Amazon、Google、Facebookに学ぶ利用法」は、ビッグデータが今や保険業界にとっていかに有用であるか、または利用しやすくなっているかについて検証しています。主なテーマは以下の通りです。

• グリッド・コンピューティングまたは多くの分散型マシンの連結利用による大規模な処理
• 多数のマシンに大量のデータを保管する分散型ファイルシステム
• グリッド・コンピューティングに作業負荷を振り分けるためのMapReduceアルゴリズム
• MapReduceアルゴリズムの実装であるHadoopsa

「今やクレジットカードさえあれば、ヤフーがインターネット全体の検索に使用するのと同じようなインフラをアマゾンから借りることができるというのが現実です。保険会社は、こうした仕組みを通じて大規模な業務委託が可能になり、このようなインフラを利用することで顧客データに関する重要問題への対処も容易になることを認識すべきでしょう」と、セレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したクレイグ・ビーティーは述べています。

レポートでは体系的および非体系的な大量データに関する様々な課題に対処するためのクラウド・インフラストラクチャ、グリッド・コンピューティング、分散型コンピューティングについて最新の動きを紹介しています。グリッド・インフラストラクチャの利用方法は様々ですが、本レポートでは最も一般的で、おそらく最も実装が簡単な方法の1つを詳しく紹介します。また、レポートでは、テクニカルな要素の強いテーマをわかりやすく説明しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米