デジタル時代のコーポレートアクション: 革新的テクノロジーの活用による効率向上

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/08/06
アリン・レイ

クラウド、インテリジェント・オートメーション、ブロックチェーンのような新しいテクノロジーは、コーポレートアクションを著しく変化させ、コーポレートアクション領域におけるベンダーソリューションの進化を促している。

Key research questions

  • コーポレートアクションにおける効率向上のニーズを促している要因とは?
  • コーポレートアクションにおけるテクノロジー採用のトレンドとは?
  • コーポレートアクションにおいて重要となる新しいテクノロジーとは?

Abstract

コーポレートアクションの増え続けるボリュームと複雑化、コーポレートガバナンスの透明性の規制当局による監視の強化、および金融機関の過失に対する規制当局の寛容度の低下により、コーポレートアクションに関与する全ての関係者は業務効率を向上しなければならない。

新しいテクノロジーの発展および低コストの業務モデルは、コーポレートアクションの大幅な改善機会を提供する。

  • ロボティックプロセス・オートメーション、人口知能、およびマシンラーニングを活用したソリューションは、多くのマニュアルプロセスを自動化する大きな力を秘めている。

  • クラウドベースのソリューションは、低コストで容易に導入できることから採用が増えている。

  • コーポレートアクションの共有化・費用分担のニーズは高まっており、この領域において興味深いユースケースが出現している。

社内で構築されたソリューションから、低コストで迅速に導入することができ最新基準に準拠したサードパーティの市販ソリューションへの転換が進んでいる。

コーポレートアクションにおけるソリューションプロバイダーのランドスケープには、様々なデータベンダー、データ管理ソリューション/ サービス・プロバイダー、マーケットインフラ・プレイヤー、管理会社、およびテクノロジー/ サービス・プロバイダーが含まれる。彼らはソリューションを強化するために新しいテクノロジーやモデルを取り入れている。本レポートでは、以下19のプロバイダーについて考察している。

Bloomberg, Broadridge, DTCC, Fidelity Corporate Actions Solutions, FIS, GoldenSource, HCL, Hexaware Technologies, IHS Markit, Infosys, Intellect Design, Nasdaq, SCORPEO, SimCorp, SWIFT, TCS, Torstone Technology, Vermeg, and Wipro

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米