欧州ウェルスマネジメント・テクノロジー:フロントオフィス向けプラットフォームベンダー評価

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/09/03
アレクサンダー・カマルゴとイザベラ・フォンセカ

Abstract


フロントオフィスのプラットフォームは、企業買収から顧客維持管理に至るまでのアドバイザリープロセスを一つのワークフローでサポートしています。ウェルスマネジメントビジネスの中で、アドバイザーにもエンドユーザーにも関わるため、フロントオフィスの機能拡充には多額の投資が注がれています。

欧州ウェルスマネジメント・テクノロジー:フロントオフィス向けプラットフォームベンダー評価」は、欧州ウェルスマネジメントベンダーを評価する3つのレポートの第一弾です。フロントオフィス向けプラットフォームを提供する欧州の有力ベンダーについて詳しく調査しています。本レポートで取り上げたベンダーは、Atos、 Finantix、 New Access、 OpenFinance、 Prometeia、 TechRules、Temenos(ウェルスマネジャー)です。

欧州テクノロジー市場は競争の激しい市場です。セレントはベンダーを次の3つに大別―すなわち①フロントオフィス向けプラットフォームを手がけるベンダー、②フロントからバックオフィスまでの統合システムを手がけるベンダー③勘定系システムを手がけるベンダー、このうち本レポートでは①に焦点を当てました。

「競争の激しい欧州テクノロジー市場では、差別化要因が大変重要です。自立志向型投資家から、投資一任を好む投資家までに対応できる柔軟性を有し、フロントオフィスツールのモジュール化に力を入れているベンダーは、新規顧客を獲得し、既存顧客も維持できるでしょう」とセレント証券グループのアナリストであるアレキサンダー・カマルゴは述べています。

本レポートでは、ウェルスマネジメントプラットフォームの各ベンダーの詳しい特徴を取り上げ、それぞれの強みと弱みを特定しています。また各ソリューションの特性と機能を評価し、さまざまな機能に基づいてベンダーを比較しています。セレントのABCDベンダービューを使って、①テクノロジーの先進性②機能の幅③顧客基盤④顧客サービスとソリューションの拡充度―の4つの要素ごとに各ベンダーの市場ポジションを比較し、図表化しています。そして最後に、今後の市場見通しについて考察しています。

続編である、「欧州ウェルスマネジメントテクノロジー:フロント/バックオフィスベンダー評価」「欧州ウェルスマネジメントテクノロジー:勘定系ベンダー評価」では、フロントからバックオフィスまでの統合システムと勘定系システムを手掛けるベンダーを取り上げる予定です。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ