ベンダー
English

台湾の保険市場とITの概要

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/01/04
ウェンリ・ユアン

Abstract


台湾は保険浸透率において世界1位の市場です。保険産業は比較的発達していますが、1人当たりの保険金額が高くないため、成長の余地が大きく残されています。台湾保険市場における保険料収入は、1999 年から2008年のあいだに195億米ドルから610億米ドルまで増加し、年平均成長率13.6%の伸びとなりました。

台湾の保険業界は、業界資産が現在、金融機関の総資産の20%を超えるなど、台湾経済において重要な役割を果たしています。セレントの最新レポート「台湾の保険市場とITの概要」では、台湾保険市場の発展、トレンド、全体像などを分析しました。

台湾では経済が上向き始めて以来、国民がより裕福になってきています。台湾の国民は元来貯蓄を好み、10年前に貯蓄率がすでに約25%に達していました。この数年間は、商品価格の上昇や株価の軟調が続き、それに見合う賃金上昇も見られないことから、将来への懸念が広がっています。金融危機がこうした懸念をさらに深めた結果、消費意欲がますます低下し、貯蓄率が30%まで上昇しています。貯蓄をファイナンシャルプランニング資金に回させるだけの魅力のある保険商品が登場すれば、それを機に台湾保険業界は大きく成長するでしょう。

台湾の損害保険事業は生命保険事業に比べてはるかに規模が小さいうえ、成長スピードもきわめて遅く、2005年以降はマイナス成長となりました。現在はGDPの約1%を占めるに過ぎません。しかし保険料率の規制が緩和されたことから、ダイレクトマーケティングやオンライン販売といった、低コストの販売モデルの開発が進む可能性があります。これとは対照的に、生命保険の保険料収入がGDPに占める割合は順調に拡大を続けており、2000年から2008年の年平均成長率は15%となりました。

出典:セレント

「台湾の生命保険市場では、絶えず新商品が導入されています。商品イノベーションは、市場の継続的な発展を促進する重要な要因です」とセレントのシニアアナリストで本レポートを執筆したウェンリ・ユアン は述べています。

「台湾は自然災害に見舞われることが多いため、年金保険や医療保険に加え、火災保険や地震保険にも可能性が期待できます」とウェンリ・ユアンは付け加えています。

このレポートは24図と5表を含む48ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア