米国におけるEmployee Benefit Insuranceの提携関係の変化とテクノロジー上の課題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/07/19
チャック・ジョンストン

Abstract


保険会社は、販売方法の選択肢を広げ、その事業戦略への影響について明確なビジョンを持つ必要があります。

セレントの最新レポート「 米国におけるEmployee Benefit Insuranceの提携関係の変化とテクノロジー上の課題」は米国の複雑なEmployee Benefit Insuranceの加入制度について取り上げ、新たな販売モデルが加入手続きに及ぼす影響を分析しています。レポートでは、公営および私設の医療保険取引所(Exchange)が加入ビジネスの枠組みに及ぼす影響を分析しています。消費者主義の高まりに伴い、保険会社は、仲介業者の多いバリューチェン、顧客との関わりや顧客サービスが細分化された環境下で、顧客データ管理のベストプラクティスを見直さざるを得なくなっています。

「Employee Benefit Insuranceを手がける保険会社は、従業員/消費者の行動の変化や州立取引所の利用義務化に伴う新たな課題を念頭に、ビジネスプロセスを見直しています。 健康保険分野における消費者主義の広がりとこれが他の従業員向け保険商品に及ぼす二次的な影響によって加入プロセスは変わりつつあり、保険会社や仲介業者は顧客との関わりという観点を重視せざるを得なくなっています」とセレント保険グループのリサーチディレクターでレポートを執筆したチャック・ジョンストンは述べています。

レポートでは、新たなビジネス要件がビジネスプロセスや保険申請の枠組みにいかに大きな影響を及ぼすかを検証しています。また、加入および顧客サービスでビジネスプロセスの外部委託の必要性が高まっているのに伴い、この分野を手がける保険会社にとって、こうしたビジネスプロセスを管理するためのデータ管理戦略の策定が不可欠になっていると指摘しています。最後に、加入プロセスの改革や競争力を追求する保険会社に、モバイル、ビッグデータ、次善策の予測分析といった新たなテクノロジーがいかに大きなビジネスチャンスをもたらすかを説明しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険
種類
レポート
拠点
北米