ベンダー
English

アセット・バックト・トークン: Part 1

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2018/07/10

デジタル・アセットは今後、新たな成長期に入る。この成長期において、デジタル・アセットは、金融規制に則ったものとなるほか、従来の評価手法やアセットクラスの区分にも即したものになる。この成長期には新たなアセットも生まれるだろう。そしてこの成長期を象徴するのが、セキュリティ・トークンである。

Key research questions

  • デジタル・アセットに対するグローバル金融機関の見解は?
  • セキュリティ・トークンの主なメリットは?
  • デジタル・アセットの市場機会は?

Abstract

2016年から2017年にかけてのICO(新規仮想通貨公開)とトークン発行の増加は、デジタル・アセットの世界におけるゲーム・チェンジャーとなってきた。本レポートは、アセット・バックト・トークンをテーマにしたレポートシリーズの第一弾である。新たなアセットクラスの発展を誘引するうえで、セキュリティ・トークンが秘める可能性を模索する。

アセット・バックト・トークン全般、特にセキュリティ・トークンは、パブリック・ブロックチェーンと規制に縛られた金融市場を結び付けるカギとなる。

そして、結び付けられたこの2つのパーツは、次世代のデジタル・アセットを引き起こすだけでなく、機関投資家の資本配分をリードする、強力な組み合わせとなるだろう。

グローバル金融機関のリスク評価の観点から見ても、セキュリティ・トークンの市場機会は注目に値するものだろうと、現時点でセレントは考えている。

本レポートでは、主要なデジタル・アセット (仮想通貨、ステーブル・コイン、ユーティリティ・トークン、アセット・バックト・トークンを含む) の市場機会に関し、ハイレベルな評価分析を行う。