ベンダー
English

信託会社の商品、顧客、テクノロジー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/11/29

Abstract


ウェルスマネジメント業界が急成長を遂げている北米市場において、信託会社はシェア縮小に歯止めをかけようと必死になっています。こうした信託会社の改革を主導しているのがテクノロジープロバイダーです。

信託ビジネスは100年前と比べてさほど大きな変化は見られず、ここ20年間は急成長するウェルスマネジメント業界の流れに乗り遅れています。北米の信託業界にとって、今選ぶべき道は「変革」か「後退」の2つに1つといえます。セレントは最新レポート「信託会社の商品、顧客、テクノロジー」で、信託ビジネスを最新の有効なビジネスモデルにシフトさせる方法について論じています。信託業界の新たなプレイヤーは、①商品のオープン・アーキテクチャ化②ストレートスループロセッシングによる取引処理③会計管理の効率化④投資担当者による顧客中心主義の徹底⑤顧客によるオンラインアクセスと運用指示の実現―などの点で従来とは一線を画すものとみられます。

「半世紀前までは、ウェルスマネジメントといえば信託が一般的でしたが、今ではその市場シェアは大幅に縮小しており、信託業界がウェルスマネジメント市場の実情に対応し切れなかったことが浮き彫りになっています」と述べるのはセレントのシニアアナリストでレポートを執筆したロバート・J・エリスです。「幸いにも信託業界では、最新の市場動向やテクノロジーが主導するかたちで商品のオープン・アーキテクチャ化といった新たなビジネスモデルの導入が進んでおり、今後の業界の競争力向上に寄与するとみられます。」

本レポートでは、信託サービスのプロバイダーとそれらが提供する商品の顧客について分析しています。また、MetavanteNorthern TrustSEISunGardAccuTechHWA InternationalInnovestが現在市場に投入しているか、今後投入を予定している信託業界向けシステムの評価も行っています。各システムを精査し、セレント独自の「ABCDベンダービュー」に基づいて比較しています。これは①テクノロジーの先進性②機能の幅③顧客基盤(システムを導入している顧客数)④顧客サービスの充実度の4つの要素に基づき、各ベンダーの相対的な位置付けを図表に示したものです。さらにレポートでは、北米の信託会社と競合する海外の信託会社についても触れ、北米信託業界の今後の見通しを示しています。

本レポートは22図と6表を含む全58ページで構成されています。記載された図表の多くは既存または開発中の信託システムの画面をそのまま掲載したもので、ユーザー向けダッシュボード、取引処理画面、顧客向けウェブサイトのアクセス画面などが含まれています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米