競争優位のための先端テクノロジー活用法:生命保険業界への短期指針

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2005/11/28

Abstract


保険会社の中には、すでに先端テクノロジーを活用している企業もありますが、かたやそうでない会社は未だそれらの有効な用途を調べることさえ始めていません。こうした格差が拡大し続ければ、一部の保険会社だけが競争優位を確保し続ける状況が生まれるでしょう。


セレントは最新レポート競争優位のための先端テクノロジー活用法:生命保険業界への短期指針で、先端テクノロジーを検証し、これを保険会社がどのように活用していくべきか検討しています。

先端テクノロジーはすでに一般消費者の間やその他の業界で利用されています(保険業界ではごく一部)が、その中で保険会社の関心を集めているものには、オープンソース・ソフトウェア、最新ワイアレス・テクノロジー、VoIPなどがあります。

その他の今後成熟していくだろうと思われるテクノロジーについても、保険会社は試験的導入あるいは、少なくとも調査を始めています。具体的には、グリッド・コンピューティング、クラスタ・コンピューティング、ユーティリティ・コンピューティング、多機能携帯電話、電子署名やデジタル筆記具を使った電子申込書などの電子書式といった技術です。また、WiMAX3世代携帯電話などのいつでもどこでもブロードバンド接続を可能にする最新ワイアレス・テクノロジーも市場に普及し始めています。

「総じて、保険会社がコスト削減、収益向上、新規参入者に対抗する競争力の維持を実現するためには、テクノロジーをより有効に活用する必要があります」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストで本レポートの執筆者であるチャド・ハーシュは述べています。「保険会社は、急速な利益拡大とROIの高いプロジェクトに注力することで、最新テクノロジーの活用を支援するカルチャーを醸成すべきです。これを実践する保険会社は、短期および長期的利益を享受することができるでしょう。」

レポートではまた、一部の主要テクノロジーについて今後の採用率を予測しています。

なお、本レポートと同じテーマの競争優位のための先端テクノロジー活用法:損害保険業界への短期指針も同時発行されています。

本レポートは、6表と3図を含む全25ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米