ベンダー
English

信用収縮への備え

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/07/02

Abstract


(このレポートは2008年7月2日に"Preparing for the credit downturn"というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2008年11月21日に発行しました。)

ここ数年銀行は信用リスク計量化システムへの大規模投資を行ってきましたが、デフォルト率の低い環境に慣れていたこともあり、信用収縮に対する準備が不十分であるというリスクを抱えています。

セレントの最新レポート信用収縮への備えは、今後の信用収縮への備えとして銀行に何ができるかを論じています。レポートでは整備すべき経営体制の概要を示すとともに、有効かつ適切な信用リスク管理のレベルを維持するための7つの提案を示しています。

信用収縮は、銀行にとってプラスの側面もあります。例えば、競争力の劣る競合他行の買収、低迷していた債券取引の拡大、第三者向け不良債権処理サービスの 提供といったビジネスチャンスが見込まれます。こうしたチャンスを生かすためには、銀行が自らの組織体制を整備・強化し、競争力で優位に立つことが求めら れます。

本レポートは全16ページで3つの図が掲載されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, コーポレートバンキング, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米