銀行の次世代営業アシスタントテクノロジー : CIM(顧客対話管理)からスマートボット、ウィスパリングエージェントまで

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/07/09
ジョセフィン・ドゥ・シャズルネ

Key research questions

  • 営業部門の改革が必要な理由は?
  • 銀行フロントオフィスにおける次世代営業アシスタントテクノロジーの活用事例は?
  • 2025年に向けて開発中の営業担当者サポートテクノロジーとは?

Abstract

拡張ビジュアルアシスタント(EVA, extended visual assistant)を用いれば、リテールバンカーやプライベートバンカー、さらには法人事業を担当しているバンカーたちは、顧客と世の中の動向に関する大量のデータを利用して、多数の顧客にサービスを提供することが可能となるだろう。これはAIの進化、すなわち自然言語の理解/処理/生成とデータ分析の組み合わせによるところである。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米