ベンダー
English

米国金融機関の進まない支店チャネル改革

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/11/12
ボブ・メーラ

Abstract


デジタルチャネルの構築は重要な課題ですが、多くの金融機関では支店の改革が進んでおらず、その結果、売上や効率性比率が低下の危機にさらされています。

多くの銀行は、めまぐるしく変化する顧客ニーズへの対応に追われています。本レポートでは、そのような状況下において銀行や信用組合の優先課題の変化、また、長期化している支店チャネルの改革プロジェクトについて分析しています。

北米の金融機関に対する3期連続の調査(隔年)結果によると、リテール銀行の最優先課題は売上の増加でした。また、事業戦略上の最優先課題を解決するにあたって必要なテクノロジープロジェクトについて、その重要性をランク付けしてもらったところ、支店チャネルの改革は、1位のデジタルバンキングチャネル開発から大きく引き離されて4位となりました。
「金融機関はサービスのデジタル化を進めていますが、実際の業務では対面販売に頼っているのが現状です。支店チャネルにおけるビジネスモデルを早急に再編しなければ、売上と効率性比率が低下する危険性があります」と、セレント銀行グループのシニアアナリストでレポートを執筆したボブ・メーラは述べています。

本レポートでは、なぜリテールバンキングのビジネスモデルを進化させる必要があるのかについて説明した後、各金融機関における優先順位の変化について考察し、支店へのIT投資動向の予測、そして最後に、支店の将来あるべき姿が明確でなくとも、今こそ思い切って、しかし確かな一歩を踏み出すべきと提言しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
北米