ベンダー
English

セキュリティレンディング市場の主要トレンド:回復と進化への道のり

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/08/06

Abstract


セキュリティレンディング(有価証券貸借)市場は回復と進化に向けて歩んでいますが、多くの複雑な問題に阻まれ、その道のりは険しいものとなっています。規制動向をめぐる不透明感によって市場ニーズが阻害される状況が続いています。

セレントの最新レポート「セキュリティレンディング市場の主要トレンド:回復と進化への道のり」は、同市場の回復と進化につながる様々な需給要因について検証しています。

市場の諸規制は、いずれも透明性の向上を図るためのものです。その結果、当局への報告やおそらくセキュリティレンディングの中央清算をめぐって様々な動きが生じると想定されます。例えば、集中清算されるデリバティブ取引の担保保証に関する規制が導入されることで、優良資産への借り入れ需要が拡大することが考えられます。

「貸し手側はセキュリティレンディング市場の将来性について楽観視しているのに対し、借り手側はデレバレッジの動きやボラティリティの高さを理由に懐疑的な見方を変えていません」とセレント証券グループのアナリストでレポートを執筆したメディ・アガミは述べています。

レポートでは、市場および規制の動向について地域ごとに分析しています。また、セキュリティレンディング市場の今後の方向性を予測し、様々な市場セグメントの展望を示しています。

このレポートは18ページ、7図と4表で構成されています。