2018年 生命保険会社による保険契約管理システムの評価:北米版

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/06/14
カレン・モンクスとナイル・ウィリアムズとデビッド・ヒメル

生命保険会社は、引き続き契約管理システムのリプレース、または新規導入に取り組んでいる。最新のシステムはかつてないほど機能的であるが、生命保険会社のフィードバックからは、こうした最新システムを導入する難しさが明らかになっている。

Key research questions

  • 各保険会社の契約管理システムの利用期間は?
  • 保険会社が最も信頼して利用している契約管理システムの機能は?
  • 契約管理システムのライセンス/サブスクリプションに付随する顧客サービスの満足度は?

Abstract

生命保険会社が耳にしているのは、新しい契約管理システムはレガシーの課題を解決するだけではなく、デジタル化をも推進し、さらにはベンダーへの依存度を弱め、自社でのメンテナンスが可能になる、という話である。しかし、これらのすべてを短期間で達成するのは難しい。

保険会社は契約管理システムとベンダーにどれくらい満足しているのだろうか? 本レポートでは、保険会社のニーズを満たすために施されてきたシステムアップデートと、それらのアップデートに対する保険会社の反応を過去に遡って調査する。

サーベイの結果を元に、本レポートでは以下の点に関する保険会社の認識を詳述する。

  • 契約管理システムの機能と特徴

  • システム統合の難易度

  • ITベンダーのインプリ能力とサービス面

  • 特定のシナリオに基づくシステムコンフィギュレーションの対応力

  • システム変更時における事業部門側のスタッフの関与

また本レポートでは、保険会社の認識がどう変化してきたかといった点についても洞察を提供する。そして、本レポートの最終セクションでは、ITベンダーおよび生命保険会社に対する推奨事項を示している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米