ベンダー
English

アセットマネジャーは我が道を行く:システム調達の選択肢

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/05/19
ジェイ・ウォルステンホルム

As investment strategies become more sophisticated, diverse, and under stricter regulatory reporting requirements, operations and technology need to keep up.

Abstract


投資戦略の高度化や多様化が進み、規制要件が厳格化するなか、オペレーションとテクノロジーもそれに遅れをとらないようにしていく必要があります

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 アセットマネジャーはどのように分類できるか?

2

個別のアセットマネジャーに最適なテクノロジーアーキテクチャは?
3

アセットマネジャーにはどのようなソーシングオプションがあるか?

世界の6,000を超えるアセットマネジャーの運用資産残高は1億ドルから4兆5,000億ドルと幅があり、投資のマンデートや目標も多岐にわたっています。従って、ポートフォリオ運用ツールは投資に加えて、顧客と規制当局への報告に必要な分析、モニタリング、トレーディング、ポートフォリオ管理機能に適合するものでなければなりません。ここでアセットマネジャーが陥りやすい罠として、業務手続きやテクノロジーが実際の業務および投資要件に正確に合致していないことが挙げられます。

資産運用業界はこれまでテクノロジーに十分な投資を行ってこなかったといっても過言ではありませんが、高いリターンを上げることで生き残ってきました。しかしもはやそうした時代は終わり、アセットマネジャーはシステム更新の必要性を認識しています。が、今度は過不足ないシステムを購入できるかが問題になっています。

システムの再設計が不可欠であるとの判断が下されると、次にそれを調達・導入する方法を選ぶ必要が出てきます。その際、ウェブ・ホスティング、クラウド、卓越したテクノロジーを持つバイサイドは有利な立場にあります。アセットマネジャーは、年間ライセンス契約にすることで資本コストの削減が可能になり、安全性とコスト効率の高いベスト・オブ・ブリードのソリューションを入手できるでしょう。

「アセットマネジャーが分散型投資を行い、投資戦略の高度化と規制要件の厳格化が進むなか、自らの競争力を維持するためには、業務プロセスとテクノロジーでも後れを取らないようにする必要があります」と証券プラクティスのシニア・アナリスト、ジェイ・ウォルステンホルムは述べています。




Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート