ベンダー
English

アジアと日本の資本市場におけるマーケットデータ パート1:市場概要とテクノロジー需要の動向【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/06/30
柳川英一郎

Abstract

このレポートには英文版 "Market Data in Asia-Pacific and Japan, Part 1: Overview and Demand Trends" (2015年6月30日発行)もあります。

アジアと日本の資本市場の市場動向と、イノベーション機会がどこにあるかをマーケットデータの活用に焦点を置き分析します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 イノベーションの契機は何か?

2

イノベーションの機会はどこにあるか?
3

イノベーションをどのようにして引き起こすか?

本Part 1では、アジアと日本の資本市場動向とテクノロジーの需要動向を考察します。

資本市場の動向(優先度)

  • シンガポール、香港、次いで韓国は日本以外のアジア市場をリードしている 。どちらも現地市場での取引におけるグローバル企業の数が多い 。
  • インドはシンガポール、香港ほどの先進市場ではないが、大きな成長の可能性を持つ大規模な市場と主要な市場データプレーヤーが存在している。
  • 台湾、マレーシアでは市場全体も市場参加者もその規模は小さい。


投資家の動向とマーケットデータのニーズ

  • 地元銀行やブローカー、資産運用会社に特化した場合、高品質で信頼性の高いデータ提供が求められている 。
  • 大規模でグローバルな企業にサービスを提供する場合、ローレイテンシー機能の提供は前提となる。
  • グローバルベンダーの高いコストは不評であり、価格競争の余地がある 。
  • データ分析は、高成長、高利益率のサービスであり、グローバル及びアジア各地市場への日本市場データ(日本語データ)の分析サービスが期待されている。
  • 日本市場データを提供することに加えて、分析を含む良質な各地地場市場データの提供も期待される



「資 本市場におけるテクノロジー利用は、市場規模とプレーヤーのプロファイルに大きく関係するため、市場毎に、プレーヤーの分類(プロファイル)と区分(ティ ア)で考察することが重要です。シンガポール、香港、韓国には、大規模な地元銀行、ブローカーや資産運用会社が多数存在し、最先端のテクノロジーへの需要 が存在します。こうしたローカルプレーヤー間でも、専門的で高品質、信頼性の高いデータが求められていますが、グローバルベンダーの高いコストに不満を 持っており、価格競争の余地があります」と、アジア金融サービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆した柳川英一郎は述べています。

続くPart2では、成長市場を獲得するためのシナリオを構想し、いかに実現するか、その戦略を提示します。

本レポートは、20p、11図、5表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア