2013年 アドバイザー向けアプリケーションの最新動向

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/05/31
ビル・ファーンレイ・ジュニア

Abstract


投資アドバイザーは顧客とのミーティングでより大きな画面や多彩なグラフィックを使いたいと考えており、タブレットやタブレット用アプリケーションに対するアドバイザーのニーズは引き続き高まっています。

アドバイザーの間では、パソコンとの併用あるいはその代替手段としてタブレットを購入する動きが広がっています。セレントの最新レポート「2013年 アドバイザー向けアプリケーションの最新動向」は、アドバイザー用アプリケーションや大手ウェルスマネジャーが現在アドバイザー向けに提供しているアプリケーションが抱えるテクノロジー上および業務上の課題を取り上げています。また、アドバイザー用アプリの次世代機能がどのようなものになるのか、ウェルスマネジャーはどこに注目すべきかについても考察しています。

スマートモバイルデバイスを使用するアドバイザーが増え、中には個人のスマートフォンやタブレットを仕事で使いたいと思っている人もみられます。投資会社の多くはBYOD(私的デバイス活用)を導入し、アドバイザー個人のデバイスから会社のリソースにアクセスできるようにしています。

「アドバイザーはスマートデバイスを利用することで生産性やサービスレベルを向上させ、顧客からみた自分たちの価値を高めたいと考えています。富裕層を中心に多くの顧客は既にスマートデバイスを所有し、それらをエンターテインメントとしてだけでなく個人的な生産性向上のためにも活用しています。従って、アドバイザーもモバイルテクノロジーを利用することを望んでいます」と、セレント証券グループのシニアアナリストでレポートを執筆したビル・ファーンレイ・Jrは述べています。

今後は銀行、証券、送金業者を含むより多くの金融機関がアドバイザー向けアプリへの関心を強めるとみられ、金融機関とアドバイザーの関係においてこうしたアプリの重要性が高まるでしょう。

本レポートは18p、1図と8表で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米