ベンダー
English

銀行向け電子署名ベンダー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/06/01
スティーヴン・グリーア

Abstract


銀行業界は電子署名に関して、顧客のライフサイクルを通じて安全性を保証できるかどうか疑問視してきました。だがここ5~10年の間に、こうした懸念はほぼ完全に払拭されています。電子署名の価値をめぐってコンセンサスが形成されたからです。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 電子署名は銀行業務のどの分野に最も大きな影響を及ぼしているか?

2

電子署名のテクノロジーはどのような進化を遂げてきたか?

3 電子署名によって顧客経験はどのように改善するか?

デジタルトランスフォーメーションが市場に変化をもたらし、電子署名ベンダーが銀行業界でより大きな役割を担うようになったことを受け、レポートでは市場に投入されている主な製品を比較しています。

世界の規制当局は、電子署名の利用に関するグローバル基準の確立を後押ししてきました。銀行が業務効率化の方法を積極的に追い求める一方、消費者は他の多くの業界や活動で電子署名の利用を経験し、慣れ親しんでいます。

「電子署名利用のメリットは、法的リスクなど懸念の大きさを上回っています。銀行業界での導入事例が膨大な数に上ったことで従来の懸念が弱まり、業界全体に安心感が広がっています。その結果、銀行手続きや申請手続きで電子署名を利用するケースが増え、それに伴いこの分野を手掛けるベンダーにはより多くのビジネスチャンスが生まれています」と銀行プラクティスのアナリスト、スティーヴン・グリーアは述べています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
北米