2014年 保険金請求システムベンダー評価:北米損保

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/12/15
ドナルド・ライトカーリン・カーナハン

Abstract


保険金請求システムを手掛けるベンダーのうち、2014年にテクノロジー、機能、顧客基盤、サービスの各カテゴリーで優位に立ったのはどのベンダーでしょうか。

本レポートでは保険金請求システムの中から31のコアソリューションについて取り上げ、このうち14のソリューションについては詳しい特性を紹介し、セレント独自の「ABCDベンダービュー」に基づくランク付けを行いました。残りの17のソリューションに関しては簡単な特性を紹介し、ランク付けは行っていません。また、これらの中から「XCelent」アワードの受賞者を選定しています。

「ある1つの保険金請求システムが全ての保険会社にとって最適なソリューションになることはありません。保険会社の求める要件は様々であり、複数の有効な選択肢が考えられます。保険会社によって事業構成、地理的条件、社員の能力、業務目標、資金力などはそれぞれ異なります。これらの独自の組み合わせとリスク選好度の違いがベンダー候補の選定に影響を及ぼす要因となるでしょう」とセレント保険グループのリサーチディレクターでレポートの共著者であるカーリン・カーナハンは述べています。

「全体として、ベンダーが保険金請求システムに多額の投資を行っている状況は変わっていません。ソリューションの機能が増えているほか、コンフィギュレーションツールが改善され、接続性が向上し、SOAやウェブサービスへの対応は事実上の標準となりつつあります」とリサーチディレクターでレポートを共同執筆した ドナルド・ライトはコメントしています。

本レポートは183p、95表と31図で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米