米国のデリバティブ市場:堅調な推移

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/09/11
アンシュマン・ジャスワル

Abstract


現在の景気環境とそれに関連した規制の動きは、デリバティブ市場を根本から変えつつあります。業界関係者の間では、これまで相対清算が中心だったOTCデリバティブ取引が中央清算に移行していくとともに、取引所経由の取引が増えるとの見方が広がっています。

デリバティブ市場は厳しい規制強化の対象となっており、規制要件に準拠するため様々な変化を求められるでしょう。セレントの最新レポート「米国のデリバティブ市場:堅調な推移」は、米国のデリバティブ市場の進化の状況を明らかにし、新たなトレンドについて論じています。

米国で大きな影響力を持つ規制の例として、ドッドフランク法やボルカー・ルールが挙げられます。大手投資銀行は、様々な規制が施行されることを見越して、取引部門の組織再編を進めています。自己勘定取引を行う部門を投資銀行から切り離して、グループ傘下のヘッジファンドに移管するケースもみられます。もう1つ注目されるのは、投資銀行部門とリテール銀行部門の分離を求める動きがみられることです。グラス・スティーガル法と類似した法令の制定や、銀行業務の「基本回帰」を求める声が高まりつつあります。

「不安定な景気環境が続く中、デリバティブ市場はその進化の過程において難局に直面しています。それでも、デリバティブ取引は活況が続いており、売買高は過去数年間と変わらない水準を維持しています」とセレント証券グループのシニアアナリストでレポートを執筆したアンシュマン・ジャスワルは述べています。

レポートでは、上場デリバティブおよびOTCデリバティブ取引の過去数年間における売買高の推移を明らかにし、大手投資銀行によるデリバティブ取引の売買高、デリバティブ取引の構成比(資産クラス別の内訳)、信用リスクの水準、資産クラス別の収益の推移を明らかにしています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米