ベンダー
English

認定された不正行為に対する対策の強化: 決済プロセスにおける信頼性の強化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/08/25
ガレス・ロッジ

Abstract

銀行が認定された不正行為に注意を払うべき理由とは何だろう?多くの銀行は、顧客が不正行為の影響を受けた場合にいくらか同情はするだろうが、銀行に明確な責任がない限り、可能な限り厳格に対応し損失はカバーしないようにするだろう。結局のところ、銀行はビジネスであり、損失は利益に大きな影響を与えるだろう。銀行は賠償することを選択するかもしれないが、それは銀行の事業戦略の一環としての選択である。それにも関わらず、調査対象企業の80%は、ある特定のタイプの認定された不正行為の攻撃の標的にされていると報告しており、残りの20%はおそらくまだ標的にされていることを知らないというのが現実である。

これらの攻撃は通常、銀行が決済指示を実行する数百万単位の高額取引にも結び付くことを考慮すると、業界にとって危険の度合いは非常に高い。しかし、それは銀行にとって間違いなく差別化の機会でもある。銀行が、企業が高額な金額を節約することが可能な追加の保護機能を提供することは、競合する銀行間の重要な差別化要因となるかもしれない。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
コーポレートバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米