ベンダー
English

日本の証券業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート1:調査結果分析と現状把握【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/02/19
柳川英一郎

Abstract


このシリーズでは、日本の金融業界における、レガシー・モダナイゼーションの現状と今後の方向性を考察します。今回は分析の対象を証券セグメントに絞り、パート1では、証券業界の現代化の現状を把握し、続くパート2では、そこでの対処策と証券業界への提言を述べます。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 日本の証券業界における、レガシーシステムの現代化はどの段階にあるか?

2

証券会社にとって、現代化とは何か?それは何故か?
3

証券会社は、どのようにして現代化を進めるべきか?


サーベイの結果に基づき、証券業界のレガシー現代化の現状を以下の切り口から分析します。

  • 現代化の検討の進捗状況、置換戦略、その理由
  • 新たな解決策(SaaS、BPO)の検討状況
  • 最大の課題はどこにあるか
  • ビジネスケースの検討状況
  • 現代化の進展による、ビジネス部門、IT部門の役割変化



「証 券業界の基幹システムは、動的なバリューチェーンを結びつける、多数のサブシステムの集合体です。それは固定的なものではなく、商品、取引、決済、そして リスク管理などの構成要素やその経済価値の変化、経済環境と市場構造の変化に伴って、ダイナミックに進化してきました。そして、その現代化を成功させるに は、証券市場に参加する需要サイド、供給サイド、加えて、市場を運営する取引所、規制当局の全ての市場参加者が、金融と資産運用 、テクノロジーのリテラシーを高めるといった根本的な体質改善が必要です」と、アジア金融サービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆した柳川英一郎は述べています。

本レポートは、41p、34図、4表で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア