コネクテッド・コーポレート・バンキング Part 3: デジタルコーポレートバンキングソリューション分析

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/01/29
パトリシア・ハインズ

Key research questions

  • 銀行がデジタルコーポレートバンキングのソリューションに投資する理由とは?
  • 銀行はどのようにベンダー選定に取り組むべきか?
  • デジタルコーポレートバンキングのソリューションを提供しているのはどのベンダーか?

Abstract

法人顧客の顧客経験(CX)の変革のために、テクノロジーインフラのアップグレードに取り組む際、多くの銀行は統合コーポレートバンキング・ソリューション・スイートを選択します。

様々な法人向けサービスを網羅的にカバーし、かつサービス間の一貫性を備え、更には顧客の特性に合わせたバンキングサービスを提供できれば、銀行が手にするリターンは多大なものになります。しかし、事業法人における顧客シェアを拡大​​するためには、コーポレートバンキングのソリューションにおける使い勝手や柔軟性、そして利便性を求める顧客の声に応えるべく、銀行は継続的な投資をしていかなければなりません。

様々なバンキングソリューションを取り揃える上で、多くの銀行はパッケージソフトウェアを選択します。こうしたパッケージソフトウェアを提供するベンダーは各社各様であり、事業地域や顧客基盤、インテグレーションのアプローチといった点で、それぞれ様々な特徴を持ち合わせています。本レポートでは、コーポレートバンキング分野のソリューションベンダーを10社取り上げて分析します。

2017年、セレントは、コーポレートバンキング全体におけるビジネスチャンスを調査するリサーチプロジェクトを立ち上げました。シリーズ第1弾のレポートとして「コネクテッド・コーポレート・バンキング: 縦割り構造を超えて」(2017年10月刊)を発行し、銀行におけるコーポレートバンキング事業の業績動向や、セグメント別収益、顧客セグメント分析、テクノロジーの変化、といった概要を取り上げました。またこの過程で、セレントはトランザクションバンキングと法人融資業務用ソリューションを手がけるベンダー25社にRFIを送付し、同テクノロジー業界の動向を調査しました。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米