新しいセキュリティトークン規格における法規制コンプライアンス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/01/07
ジョン・ドゥワイヤー

コンプライアンス層は、パブリックブロックチェーン・テクノロジー階層における非常に重要な層であり、デジタルアセットに証券関連の法規則をもたらすだろう。

Key research questions

  • イノベーションと採用のデジタルアセットサイクルに関してユニークな点は?
  • コンプライアンスはパブリック・デジタルアセットにどのように組み入れられているか?
  • 2019年以降のセキュリティトークンの展望は?

Abstract

セキュリティトークンは、2019年ブロックチェーンの最も重要な話題の一つとなるだろう。機関投資家がデジタルアセットに向かうにつれ、セキュリティトークンはコーポレートバンキングおよびインベストメントバンキングにおける主要事業である従来の資金調達を破壊する可能性がある。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米