キャピタルマーケッツ・サーベイランス・ベンダー動向: 取引とコミュニケーションのサーベイランス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/02/06
ブラッド・ベイリーアリン・レイ

この分野のベンダー市場には新規参入が相次ぐ一方、既存プレーヤーも攻勢を強めており、ベンダー間の提携や再編が進むなど、変化が起きつつあります。

Key research questions

  • サーベイランス(取引監視)テクノロジーが重視されるようになった理由は?
  • サーベイランス・ベンダー業界はどう進化しているか?
  • キャピタルマーケッツ・サーベイランス・ソリューションの今後の進化の見通しは?

Abstract

アナリティクスは、キャピタルマーケッツ・サーベイランスの形を変えつつあります。

本レポートでは、トップベンダー17社のソリューションを分析し、マルチチャネル向けサーベイランス・テクノロジーの最新トレンドとイノベーション動向を明らかにします。

自動取引監視ソリューションへのニーズの高まりや、ベンダーソリューションの機能強化の最大の要因は、規制強化の動きです。金融機関はベンダーに対し、サーベイランス機能の高度化だけでなく、新機能リリースに要する時間の短縮やコスト削減も求めています。

サーベイランス・ソリューションの機能強化を図る上で、アナリティクス全般に対する関心が高まり、中でも人工知能(AI)や機械学習の活用に注目が集まっています。

もう1つの注目分野は、クロスアセットの取引監視能力の高度化で、取引所取引と店頭取引の両面が対象になっています。(例: 為替、コモディティ、債券、クレジット、金利など)

有力ベンダーにとっての最優先課題は、取引監視アルゴリズムの中に各種のコミュニケーション(メール、音声など)を含めることです。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米