2014年 保険会社向けITサービスベンダーソリューション:北米版

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/12/01
カレン・モンクスとモハメッド・マハフーズとニコラス・ミシェロッド

Abstract


セレントは、アジア太平洋地域の保険会社向けITサービスベンダー26社の最新動向を分析し、本レポートにまとめました。


保険業界において、ITサービスベンダーはもはや必要不可欠な存在です。社内に専門性の高いITチームを抱えて自立したシステム運用を実現している保険会社でも、ITベンダーと連携した経験を有しています。ITサービスベンダーの規模、提供サービス、専門分野は多岐にわたるため、包括的な保険会社向けITサービスベンダーガイドを作成するのは容易ではありません。

そこで、セレントは保険会社向けITサービスベンダー全てを網羅するものではありませんが、保険会社が現在利用可能な幅広いベンダーやソリューション機能 を取り上げたガイドを作成しました。このレポートのシリーズとして、アジア太平洋地域版、中南米版、EMEA版があります。

レポートでは以下のベンダーを取り上げています。

  • Accenture
  • Andesa Services
  • Atos Origin
  • CastleBay Consulting Corporation
  • CGI
  • Cognizant
  • CSC
  • Dell
  • EXL Services
  • Genpact
  • HCL Technologies
  • IBM
  • iGate
  • Indra Sistemas
  • Infosys
  • L&T Infotech
  • MajescoMastek
  • Mindtree
  • NIIT
  • Se2
  • Syntel
  • Tata Consultancy services
  • ValueMomentum
  • Virtusa
  • West Monroe Partners
  • Wipro
  • Zensar


「テクノロジー関連ビジネスは、その経験と顧客ベースの深さを理由に、大規模コンサルティング会社やグローバル規模のサービスプロバイダーに流れる傾向があります。しかし、本レポートで紹介するように、多くの小規模、またニッチなサービスベンダーはそれぞれに違った強みを持っており、様々な形でのサービス利用が可能です」とセレント保険グループのシニアアナリストでレポートを共同執筆したカレン・モンクスは述べています。

「ITスタッフの外注やコスト削減だけにとどまらない関係をITベンダーとの間に構築することができれば成功でしょう。長期間にわたる、政略的な取り組みにおいて、ベンダーの新しい得意分野を活用し、専門知識をビジネスに生かすことが、真のパートナーシップと言えます」と保険グループのシニア・アナリスト、ニコラス・ミシェロッドは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米