証券決済革命:市場参加者の動向とモジュール化の提言【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/09/05
柳川英一郎

本稿は、「証券決済革命」シリーズの第4弾です。

Key research questions

  • 日本の証券決済革命への取り組みは、何処にあるか?
  • 市場参加者の対応状況は、今何処にあり、そこでの課題は何か?
  • 市場参加者は、どのようにして証券決済の現代化を進めるべきか?

Abstract

セレントは、2018年からの「国債の決済期間短縮(T+1)」、2019年からの「株式等の決済期間短縮(T+2)」、その前後での取引所、清算機関の新制度導入、システム更改への対応状況を把握するため、日本の金融機関を対象に、オンラ インサーベイと個別インタビューを実施しました。

本レポートは上記調査の結果に基づき、市場参加者がこの大きな変化にどのように対応しているか、その現状を明らかにし、証券決済革命への対処策を提言します。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア