ベンダー
English

コーポレートバンキングにおけるブロックチェーンの導入状況:弾み車効果の創出

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/08/06
アレンカ・グリーリッシュ

Abstract

コーポレートバンキングの分野で今後ブロックチェーンの導入が進むか否かは、経済的な実行可能性の達成状況にかかっている。価値、実現可能性および経済的な実行可能性のデザイン思考を可能にする枠組みは、ユースケースの将来性を判断する上で有効なモデルを提供する。本レポートで取り上げる数多くのユースケースでは、こうした枠組みを使って、エンドユーザーとプロバイダーにもたらされる全体的なメリットと利益を示している。巨大IT企業や革新的な銀行がエンタープライズブロックチェーンに多額の投資を振り向けたことで、実現可能性は確実に向上している。同様に、ガバナンスや業務提携への投資が増えていることも重要な要因である。経済的な実行可能性の取り組みはまだ進行中であるが、明るい兆しは見え始めている。

ブロックチェーンを使ったコーポレートバンキング関連プロジェクトの進捗状況について、具体的なユースケースでみてみよう。ここでは弾み車が回転し始めてから徐々に加速する過程に例え、14のユースケースを ①クロスボーダー決済(決済関連のメッセージングを含む)②トレードファイナンス ③金融サプライチェーン ④シンジケートローン ⑤顧客本人確認 (KYC)/ 顧客オンボーディング―の5つのカテゴリーに分類する。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
コーポレートバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米