2020年 マネーロンダリング防止(AML)・顧客確認(KYC) のIT/ 業務支出:ウェブサイト編

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/11/30
アリン・レイ

セレントの予測では、2020年に金融業界のAML・KYCコンプライアンステクノロジー/ 業務への支出額が世界全体で341億米ドルに達する

Abstract

2020年はAMLにとって大変な年となった。なぜならCOVID-19パンデミックの多面的影響に取り組むため、金融機関は計画された取り組みの優先順位を再検討し、リソースを再配置することを余儀なくされたからである。更に検出システムの再調整やリモートワーク環境のサポートなど新たな機能強化が求められる中で、計画されていたいくつかのプロジェクトは延期された。その結果、2020年AML・KYCのIT支出の伸びは長期的傾向を大幅に下回った。

セレントは2020年世界全体で、AML・KYCコンプライアンステクノロジー支出は91億米ドルに達し、AML・KYC業務支出は250億米ドルに達すると予測している。

AML・KYCテクノロジー支出(2020年)

Source: Celent

COVID-19に促された顧客行動の変化やリモートワーク支援の必要性により、クラウドや人工知能などの新技術への意識が変化しており、これら新技術の導入が加速し、IT支出が増加することが予想される。

本レポートでは、銀行、保険会社、証券会社、資産運用会社など、世界各国の金融機関のAML・KYCテクノロジー/ 業務支出を予測している。更に以下のグローバルな支出予想と、その詳細な内訳を示している。

  • 世界の地域別(北米、欧州、アジア、その他の地域) の支出
  • AML・KYCの3つの重要なコンポーネント (KYC・CDD、制裁審査、取引監視) に焦点を当てた機能別の支出
  • テクノロジー支出の内訳(内部支出、ハードウェア、外部ソフトウェア、外部サービス)
  • 業務支出のトレンド(テクノロジー支出に加えて)
  • 金融機関の種類/ 規模別の支出
  • 新しい取り組みの支出 vs. 銀行運営メンテナンスアクティビティの支出
  • 金融機関とソリューションプロバイダーへの提言

サンプル・レポートのダウンロードはこちらから:

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
リスク&コンプライアンス, オぺレーショナルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米