ベンダー
English

保険領域への行動経済学の適用

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/10/04
アンドリュー・シュワルツ

理論と実践の融合

Abstract

行動経済学は、心理学と経済学を融合させた学問である。この分野が目指しているのは、人間がなぜそのような行動をとるのか、その行動の動機は何かを説明することである。それは、学究的な世界において、消費者の意思決定を理解するための有力なアプローチとなっている。本レポートでは、この急成長中の分野を分かり易く説明し、発見的問題解決、認知バイアス、ナッジ理論などのいくつかの基本原理を保険分野にどのように適用できるかを探る。

また、行動経済学の知見を効果的に活用し、具体的な効果を上げている組織の例をいくつか紹介している。また、行動経済学の原理を適用し、理論を実践に移すことを検討している保険会社向けにロードマップを提案している。

考察されているトピックは以下の通り。

  • 行動経済学とは何か?
  • 行動経済学に関心を持つべき理由とは?
  • 保険に関連のある行動経済学の原理とは?
  • ヒューマンエラーは契約査定の決定にどのような影響を与えるか?
  • 保険会社は行動経済学を利用して、どのように組織にポジティブな影響を与えることができるか?

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
北米