ベンダー
English

グローバル決済フローに影響する外的要因:マネーの流れを追う

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/06
スーザン・ファインバーグ

Abstract


本レポートは、HSBCからの委託によるレポートシリーズの第4弾で、クロスボーダー決済に影響を及ぼす外的要因を明らかにし、決済リスクを管理するための短期および長期的な戦略の策定について分析します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 企業の財務部門の決済フローに影響を及ぼす外的要因とは?

2

クロスボーダー決済に影響を及ぼすマクロデータフローは?
3

企業の財務部門がクロスボーダー決済フローを最適化できるよう、パートナーである銀行はどのようにサポートすべきか?

国を超えた資金および情報のフローが不可欠となるなか、これを効果的に管理するためには、各組織の財務部門が社内外のアドバイザーを通じて、関連する国のクロスボーダー決済システムや銀行規制および税制、取引相手のビジネス慣行や期待を理解する必要があります。さらに、特に予測不可能な地域が関与する取引のリスクを十分認識しておくべきでしょう。

クロスボーダー決済に影響を及ぼす外的要因として、現時点では主に次の5つが挙げられます。

  • 不安定な経済
  • 地政学的な状況
  • 業界のプロジェクト
  • テクノロジー
  • 人口動態上の傾向


「2016年は、クロスボーダー決済をめぐる状況が過去20年間に比べて一段と激しく変化する可能性があります。企業の財務担当者は、サプライチェーンの管理やグローバル市場の分析を行う社内のステークホルダーと継続的に連携することで短期的なリスクを管理し、各地域の規制、決済慣行、従来および最新の決済手段に関する助言を提供してくれる戦略的なバンキングパートナーを探す必要があるでしょう」とセレント銀行プラクティスのシニア・アナリスト、スーザン・フェインバーグは指摘しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, コーポレートバンキング
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米