ベンダー
English

コーポレートバンキング:逆風下でも成長推進へ【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/10/09

Abstract

(英文レポート"Corporate Banking: Driving Growth in the Face of Increasing Headwinds"の重要部分を抽出し翻訳しました。)

世界経済の減速、コンプライアンス関連費用の増加、企業のグローバル化の加速、銀行およびそれ以外の金融機関との競争のし烈化といった逆風が強まるなか、コーポレートバンキングを手掛ける銀行は、外的な力による継続的な影響を慎重に管理していく必要があります。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 コーポレートバンキングはこの10年間どのような状況にあったか。

2

コーポレートバンキングの業績を左右する外的な力とは何か。
3

コーポレートバンキングを手掛ける銀行は外的要因による影響をどのように管理すべきか。

本レポートは、過去10年間のコーポレートバンキングの業績を振り返っています。この期間に業務は著しく拡大し、かつてないほど激しい変化を経験しました。コーポレートバンキングの営業利益と顧客の預金残高は、この間に大幅な伸びを記録しています。しかし、ここ数年は預金残高が増加しているにもかかわらず、利益は伸び悩んでいます。

今回調査対象となった20行の2014年の実績を総合すると、コーポレートバンキングが営業利益全体に占める割合は33%、顧客の預金残高に占める割合は38%となっています。

レポートでは、コーポレートバンキングの業績に影響を及ぼす外的な力として①経済状況②規制環境③人口動態④金融テクノロジーの4つを挙げています。 これらの要因はコーポレートバンキング業務の成長鈍化の原因にもなっており、銀行はこれらが形成する事業環境に合わせて、規制強化の圧力に伴う顧客サービ スの見直し、取引フローの変化に応じた地理的拠点の再評価、一貫性のある総合的な顧客経験を提供できるテクノロジーへの投資などを進めています。

「将 来の見通しが不透明なだけに、コーポレートバンキングで成功を収めるには柔軟性、順応性と創造性を備えることが求められます。長い時間を経て実績が証明さ れているビジネス手法を転換することは痛みを伴いますが、将来の成功のためには避けられません」とセレント銀行プラクティスのシニアアナリストでレポート を執筆したパトリシア・ハインズ は述べています。