ベンダー
English

2014年 保険金請求システムベンダー評価:アジア太平洋損保

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/12/19
ウェンリ・ユアン

Abstract


セレントは、アジア太平洋地域で損害保険向け保険金請求システムを展開しているグローバルベンダー13社について取り上げました。

アジア太平洋地域ではここ数年、何らかのかたちで保険金請求システムの入れ替えを行う保険会社が増えていますが、その目標は大きく次の3つに分類できます。

• 増収による事業拡大
• 生産性の向上とコスト管理による合理化
• リスクの適正評価、引受け意思決定の改善、保険金請求額のより正確な修正による効率化

全体として、ベンダーは保険金請求システムへの積極的な投資を続けています。これらのシステムはより多様な機能とより優れたコンフィギュレーションツールを備え、接続性も向上しており、SOAやウェブサービスは事実上の標準仕様となっています。ある1つのシステムがあらゆる保険会社にとって最適なソリューションになることはありません。しかし、保険会社の要件に概ね対応可能な優れたソリューションの選択肢は複数存在します。

「新たな保険金請求システムの導入を検討している保険会社は、まず社内を見直すことから始めるべきでしょう。保険会社によって業務構成、地理的条件、社員の能力、業務目標、財務力などはそれぞれ異なっています。これらの独自の組み合わせと各社のリスク選好度は、ベンダーを選定する上でカギを握る要因となるでしょう」とセレントアジア金融サービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆したウェンリ・ユアンは述べています。

本レポートは、アジア太平洋地域の損害保険会社向け保険金請求システムに関する初めてのレポートです。13のコアシステムを取り上げ、それらの機能、顧客基盤、サポート対象業務の概要に加え、テクノロジー、導入プロセス、価格、サポートについて説明しています。なお、欧州、米国、中南米地域についても同じテーマでレポートがあります。





Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア