ベンダー
English

グローバルマーケットインフラCIOの投資優先順位

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2021/06/21

2025年に向けたデジタルジャニー

Abstract

セレントは今年、グローバルマーケットインフラ(MI)の最高情報責任者(CIO)とシニア・テクノロジー・リーダー25人にインタビューを行い、将来的なプラットフォームの構築に向けた各社の重点項目、最優先事項および投資について話を聞いた。その結果、よりアジャイルなテクノロジー、マイクロサービスおよびデータモデルへの移行に対して強い需要があることが分かった。

MICIOにとっての投資の最優先事項:モジュラーアーキテクチャ、クラウド、データアナリティクス、自動化

Source: 2021 Celent MI CIO Survey

主な調査結果

  1. 新型コロナウイルスはマーケットインフラにとっていわばストレステストとなり、拡張性のプロセスにおけるデータフロー、規模、運用面の課題を浮き彫りにした(CIOの61%が回答)。
  2. MIのCIOは最新テクノロジーへの投資を増やし、コアトレーディングシステムとポストトレードシステムのリプラットフォームを行っている。また、2025年までに最新テクノロジースタックを持つMIプロバイダーの数を45%増やす予定である。
  3. アジリティ、製品創造、顧客中心主義は、MIのリプラットフォームにおける最重要要素である。
  4. クラウド技術とマイクロサービスの利用の増加は、アジリティの向上、およびパートナーとクライアントの需要に対応するサービス提供の両方を可能にするツールと見られている。セレントは、2021年から2025年にかけて、クラウド対応アプリケーションの数が27%増加すると予想している。
  5. マーケットインフラのCIOは、積極的にインフラの最新化を図っており、テクノロジーとサービスのアクセスとプロビジョニングにおいてよりオープンな連携を進めている。CIOの31%は、より多くのコンポーネントをサードパーティプロバイダに移行する予定である。
  6. 暗号関連サービスについては、ほとんどのMIのCIOが計画段階にある。