ベンダー
English

損害保険向け契約管理システムベンダー: 2003年

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2003/12/16

Abstract

セレントの予想では、北米の損害保険会社が2002年から2006年までの期間に保険契約管理システム(PAS)に投じる資金総額は5億ドルを超えるとみられます。

セレントは最新レポートで、北米におけるPAS市場のトレンドと特性を分析するとともに、22のベンダーが提供する27種類のPASを比較し、その中から保険会社のニーズに最適と考えられる優良製品をピックアップしています。

PAS導入の目的として、インターネットへの対応、システムの連結・統合、商品開発、業務プロセスの改善などが挙げられますが、レポートではこれらについても詳しく分析しています。

「Javaや.NETといった最新のテクノロジーを活用している損害保険会社向けのソリューションは、想像を越えるほど多くの選択肢が存在します。市場の競争激化に伴う価格下落が進んでいるため、保険会社にとってはPASのリプレースや増強を検討する絶好の機会といえるでしょう」と述べるのは、本レポートの共著者でセレント保険グループのシニア・アナリストであるチャド・ハーシュです。

本レポートで取り上げたベンダーは以下の22社です:アクセンチュア、AGO、アレンブルック、AQS、アセンダント・ワン、ビー・ソルブ、CGI(フレックスインシュア、GIOS、インサイドアウト)、コンシス、CSC(エクシード、ポイント・イン)、ディシジョン・リサーチ、デルフィ・テクノロジー、ダック・クリーク、イー・ポリシー・ソリューションズ、ファイサーブAIS/ファイサーブSIS、IDP、インズテック/メイフェア、インシュリティ、P&Cインシュランス・システムズ、サピエンス、シャーウッド、タタ・コンサルタンシー・サービシズ (IIMS、クウォンタム)、イノベーション・グループ。

本レポートは6つのグラフと31の表を含む83ページから構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米