ベンダー
English

ペイメント分野のテクノロジートレンド:2011年の展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/01/20
ジルビナス・バレイシス

Abstract

(このレポートは2011年1月20日に”Top Trends in Payments 2011: A Year In Review”というタイトルで英文で発表されましたが、日本語版を2011年7月5日に発行しました。)

決済関連のテーマのうち、
2010年にセレントのアナリストが取り上げた回数が最も多く、2011年の業界トレンドを方向付けるとみられる重要な10のテーマについて解説します。

セレントでは、毎年、世界中の弊社アナリストの考察を総括し、世界の主要地域におけるリテールバンキングとコーポレートバンキングの重大トレンドをまとめています。今年は、これら2つの分野に関する従来のレポートに加え、ペイメント分野の主なトレンドについて取り上げたレポートも別途発行することにしました。

セレントは1年を通じて幅広いテーマやトレンドをカバーしていますが、それらを全てレポートという形にまとめることはできません。そのため、一部をセレントバンキングブログで取り上げたり、顧客サービスの一環であるアナリストアクセスとして、弊社アナリストと直接議論する場を提供しています。

最新レポート「ペイメント分野のテクノロジートレンド:2011年の展望」は、2010年にセレントのアナリストが最も多く取り上げ、2011年もさらなる進展が予想される10の重大トレンドについて解説しています。一部のテーマについては、セレントが昨年1年間に発行したいくつかのレポートで詳しく取り上げましたが、中には今回初めて取り扱うテーマもあります。

「昨年は、決済業界にとって様々な出来事がありました。決済をめぐるイノベーションが加速していることは業界の明るい兆しといえます。2011年には米国のドッド・フランク法の施行をはじめとするいくつかの動きが広範囲に影響を及ぼすとみられ、重要な年となるでしょう」とセレント銀行グループのシニアアナリストでレポートを執筆したジルビナ・バレイシスは述べています。

このレポートは8図を含む32ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米